新製品 FTM-350 発表

昨日,ハムフェアに行ってきました.

APRSユーザとしては,スタンダードのFTM-350が気になるところでしょう.
Japan Ham Fair 2009

画面が大きくて,運転中にメッセージをもらっても,ちらっと確認するには良さそうです.TM-D710は解像度が比較的高いのはよいのですが,字が小さくなってしまう点に少々難がありました.その点を踏まえての大きさなのだと思います.

また,GPSも自分で用意する必要が無く,オプションを購入して,取り付けるだけで済むみたいです.これは敷居が下がりますよね.少し値が張ると思いますが,自分でGPSを用意できない人(配線が苦手とか,目が悪くなってしまい,半田ごてを使いたくないとか)には,大変良いと思います.何より,余分な配線がなくなるのは良いです.私は,TM-D710に接続するGPSは,パネルの中に埋め込んでしまいました.これにより,GPSへ電源を供給するケーブルと,GPS信号をTM-D710に入れるケーブルが無くなったため,車のフロント部がすっきりさせることができました.この点は大変評価できます.

一緒にBluetoothのヘッドセットが置いてあったので,Bluetoothにも対応すると思います.運転中にハンドマイクを持つ必要がなくなるので,より安全に無線を楽しむことができるようになるわけです.

VX-8では,純正のメモリ編集ソフトがありませんでした.こんどのFTM-350では,そのあたりを改善して欲しいものです.もちろん値段が高くなってかまわないので,是非つけていただきたい.Bluetoothのシリアルプロファイルに対応してくれれば,無線でメモリ編集が可能になるかもしれないですよね.VX-8では,コンパクトにするために,中に入っているDSPはかなりぎりぎりのものを使っていると思うので,無理だったかも知れません.しかし,今度はモービル機,ある程度余裕を持ったものを載せていることが期待できます.是非,音声プロファイルだけでなく,シリアルプロファイルにも対応したBluetoothを積んで欲しいものです.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック