AMD Ryzen 7 2700X w/ ASRock B450 Steel Legend

ずっと、Twitterばかりやっていたので、ブログは久しぶり。

これまで秋葉原のTSUKUMOの店員さんセレクトのAMD Ryzen 7 1700XをASRock X370 Gaming K4を使ってきた。Zen2ベースのRyzen 7シリーズの話が出ているけど、それが待てなくてASRock B450 Steel LegendとRyzen 7 2700X(※3700Xが出たので換装済みです)を買いました。

画像



その他のパーツは今までのを流用。ストレージはSamsung NVMe SSD (500GB)、WD SATA SSD (1TB)。ケースはFraktale Design Define R5 Black、GPUはRadeon Vega 56 (ASRock Phantom Gaming)。メモリはG.Skill 8GB x2 (DDR4-3200)。

画像


写真は撮っていないのだけど、6つあるSATAポートが1階建てなのが、地味に便利だと思う。マザボをケースに取り付けたままストレージを交換/増設する場合は特に。ユーザフレンドリーだな思った次第。

マザボは、B450 Steel Legendはコスパが高いけど、高耐久というのが売り。B450チップセットなので、PBO (Precision Boost Overdrive)というオーバークロック機能は働かないけど、その前のXFR2までは働くのでクロックは伸びます。Radeon Vega 56を活用した深層学習も快適になりました。

あまりオーバークロックをしない人、PCの買い替え周期を長くしたい人、それでいてお値段を抑えたい人にはお勧めしたいマザボだと思いました。

ベンチマークソフトを2つまわしてみました。まずは、Cinebench R20。マルチコア性能は3898。1700Xが3476だったので422ptアップ。
画像


次は、GeekBench4。マルチコア性能は26542。1700Xが21518だったので5000ptアップ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック