テーマ:観劇

12/26(土) 劇王東京Ⅱ Bブロック

劇王東京Bブロックを観劇。 リジッター企画の馬渕史香氏が言っていたが、Aブロックは実力に差がありすぎたとのことだったが、Bブロックは方向性の違う4組が出ていて大変興味深かった。また、審査員の辛口コメントと点数配分、観客の投票の違いも出ていた点も面白かった。以下では、各出場者について自分なりにコメントを書いてみた。自分の好みが入っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/26(土) えにし「12人の怒れる陪審員」

12/26(土)に見た、えにし「12人の怒れる陪審員」の感想を書きます。 1950年代のアメリカ映画「十二人の怒れる男」が原作の演劇。最初は陪審員の1人だけが被告の無罪を主張し、残り全員が有罪を確信。無罪側の陪審員が、裁判中に示された複数の証拠について論理的に疑問を呈し、その中で徐々に他の陪審員が意見を翻していくというお話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/20(金) Pudding☆Ring「さんかくのたね」

蒲田駅からバスで3つほど行った先にある「シアターノルン」という劇場に舞台を見に行きました。 以下はネタバレも含まれているのでご注意。 農家を次ぐ気のない主人公の家に都会人が農業体験に来るというところから始まる。途中心がえぐられるほどつらいシーンもあるけど、最終的にほっこりする暖かい話。残り1/3ぐらいは涙なしには見ていられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/21(土) pityman「そのゆびにぎって」

王子駅から歩いてすぐの所にあるpit北/区域という劇場に舞台を見に行きました。Pitymanという劇団の「そのゆびにぎって」という作品。 Pityman作品の観劇は3作目。Pityman作品はセリフのないところ、つまり、「間」が雄弁に語る。「間」における役者の表情の変化、視線の移動、手足のちょっとした動き、そして息遣い。「そのゆび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more